プロフィール

ざっくばらん。

Author:ざっくばらん。
ルージョンが好きすぎて勢いでブログはじめました。
…あー…レハトになりたい。依存されてもいいから女レハトで魔女の家で同居したい!!
んで密やかに納豆を滅しにいきたい、うん。

あ。このサイトはリンクフリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルージョンss

あるじ は だあれ?

ルージョンと森で生活。ほのぼの。※第三者(にゃ?w)視点です




町には食べ物があった。ここにはない。
町では雨風を凌げた。ここでは難しい。
それでも―――此処にいたい


私が知ることは少ない。気が付いたら人のゴミをあさる生活をしていて、気が付いたら野良と疎まれていて、気が付いたら独りだった。
箒や棒で追い立てられる町の暮らしにも飽きて、気まぐれに森に入った。食べ物を探すのも面倒だった。飲み水を探すのも面倒だった。泥水を啜り、茂みの中で眠った。

ある日、髪を束ねた女が私の前を駆けていった。人を見るのは久々だったが生憎、天から水が降っていたので私は媚を売ろうともしなかった。(町にいる時はよくやっていた、小さい頃は)向こうも私には気がつかないと思ったのだが、突然止まったかと思うと再び私の側に駆けてきた。

何やら話しかけてきているが上手く聞きとれない。その時になってようやく私は自分の体が弱っている事に気がついた。女は雨除けであろう外套を、私の上にかけた。枝にひっかけて簡単な雨除けになったのか、私の体は濡れなくなった。彼女は私の頭をぐりぐりと撫でまわした。

・・・女よ、それではお前が濡れてしまうだろう。

そう言いたかったが「にゃあ」としか伝わらなかった。彼女は何事か言い置いて去って行った。



それからどのくらい時が経ったのか。簡易な雨よけは思いの外暖かった。町の屋根より、ずっと。
ふと目を開けると、今度は目の前に髪の長い女がいた。今日はよく人に会う日だ。しゃがみ込み、何やら私の上の雨よけの外套を不思議そうに見ていた。
私と目が会うと何故か驚き小さく悲鳴のようなものをあげた。それから文句のようなものを言ってきた。それからごそごそと自分の外套を探り中から飴玉を差し出し、私の口元に持ってきた。

・・・女よ、ネコは菓子など食べないが。

そう言いたかったが「にゃあ」としか伝わらなかった。彼女は少し不満そうに何か言っていた。


雨音に足音が混じり、私と髪の長い女の会話?は中断された。

「あれ?ルージョン、おかえりなさい。何してるの?」

先刻の髪を束ねた女が来た。どうやら2人は知り合いらしい。

「何って…お前の外套があったから気になって。」
「うん、それ僕の。」
「…お前、馬鹿かい?風邪ひくだろう。倒れたら看病するのは私なんだよ?」
「へへへ。ルージョンこそ、何その飴?」
「この猫、腹が減ってると思ったんだがね。コイツ食べやしないよ!」
「(食べないんじゃないかな…)・・・ねえ、僕ルージョンが帰ってきたらお願いしようと思っていたんだけど」
「・・・お前はホント世話焼きだね。」
「いいの!?」
「お前が面倒みるんだからね!!私は動物なんか世話しないよ!」
「・・・今、飴あげようとしてたくせに…」
「な、何だよ、文句でもあるのかい!?」

ぎゃあぎゃあと騒ぐ2人の女たち。
私はこの女達と暮らす事になるのだろうのだろうな。

髪の長い女の腕に抱かれながら、私はゴロゴロとのどを鳴らした。

久々にルージョン以外も語ってみる。

さて、ティントアです。
ヤンデレに定評のある?神官。かもかて内でグレお兄が勘違いして惚れた事もあるくらいだからものっそ美人だろうなぁ。(最近美人と女顔の違いが分からない私)でも神官だからか性格か、後者だと思うけど…女の子に関しては淡白ですね。レハトに対するデレ期は別として。
ここからは個人解釈ですが、両親と早くに別れた事によって彼の世界が狭まったのではないかと。

自分ともうひとり=世界

そう思うといきなり『世界』に出てきたレハトは希少な存在で、だからこそ異常なほど執着するんだろう。恐らく恋とか愛とかではなくて、無人島でもう1人人間発見した時のような感動。ヤンデレENDであそこまで性別に拘ったのは婚姻という形で世間に「レハトは僕の」という事を知らしめるため、かな。
もうひとりと別れちゃった経験があるだけに 繋がりたい離れたくない という欲求は強い方だと思う。下心抜きで

一歩間違えれば心中しそう。逆にルージョンはそういう自分が嫌に思えて勝手に自殺し―――――いやあああぁぁぁぁ!!
だめ!死んじゃダメ!!ルージョーン!!(結 局 最 後 ルージョン で 〆 た よ こ の 人)


ティントアは押せ押せだと思う。

さむいさむいさむい

布団から抜け出せない病がはやってます。(またはコタツから抜け出せない病!)
グラドネーラは暖かそうでいいですね。

ルー様に笑顔で暖めてもらおうと思ったらアルカイックスマイルになってしまったね。
コレ、おひさま笑顔にすると神官になってしまう罠「レハト、見つけた…」的な。
冬

ルージョンss

ひだまりの魔術師たち

ルージョン愛情A
隠すほどではないけどいわゆるピロートークなので隠します

続きを読む

不安定かぽー

背景めんどくさかったとかじゃないよ!?

下の文字はルージョンの声。
絶対レハトはルージョンの寝床に忍び込む。寝る時は別々なのにふと目が覚めたらいる。
ルージョンも「お前には自分の寝床があるだろう?」とか言いながら本気で嫌がったりはしないんだろう。逆にレハトが忍び込まなくなったら精神不安になって欲しい。
夜の風景
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。